バックパックの正しい保管方法

バックパックは湿気が大敵。押入れに押し込んでしまってはいけない。風通しの良い場所で密着させないようにゆったり保管するのが基本。1.保管する場...

記事を読む

バックパックのケア方法 自分で修理する

バックパックの生地は厚くて頑丈なので家庭用の裁縫道具やミシンでは縫えない。また、力のかかかる場所の修理も難しい。ただし、バックルや一部のスト...

記事を読む

バックパックのケア方法 現場での応急処置

現場では手持ちの材料で何とか処置するしかない。生地が破れた時は後日補修することを考えると縫わずにテープで貼るほうが良い。(手順)1.破れはダ...

記事を読む

バックパックのケア方法 帰宅後

帰宅後は汚れを落としておくこと。無理して全体を洗わなくても汚れ部分だけでも手入れしておくこと。(手順)1.ひっくり返して中のゴミを出す。ポケ...

記事を読む

バックパックのケア方法 壊れやすい場所

バックパックを長持ちさせるためには湿気を防いで保管すること。壊れやすい場所はボトム生地の破れ、ジッパーの故障。(壊れやすい場所)1.バックル...

記事を読む

ウェアの買い替えチェック

ウェアの買い替えチェックは以下のとおり。1.ウェア全体:ジッパーの破損2.ダウンウェア:ロフトのヘタリ、羽毛の飛び出し3.フリース:生地の摩...

記事を読む

ウェアの正しい保管方法

一度でも着用したならきれいに洗ってしまうのが基本。(手順)1.ダウンはロフトをつぶさないように保管する。通気性の良い袋に入れてロフトが回復す...

記事を読む

ウールウェアのケア方法

ウールウェアは普通に洗濯して問題ない。ただし、ソックスなどは洗濯ネットで洗うほうが無難。(手順)1.洗濯タグのチェック2.肌と触れるウェアや...

記事を読む

フリース&その他のウェアのケア方法

フリースの洗濯は普通の家庭用洗濯機、洗剤で構わない。ただし、柔軟剤を入れると吸汗性や保温性を損なうことがあるので注意。(手順)1.洗濯表示を...

記事を読む

ダウンウェアのケア方法 穴が開いた場合

穴が開いてそのままにしておくと羽毛が抜けてしまうのでとりあえずガムテープなどで塞いでおく。帰宅後の補修はリペアシートを用いる。(手順)1.破...

記事を読む

ダウンウェアのケア方法 洗濯手順

ダウンジャケットの洗濯の基本は手洗い。洗剤はできるだけ羽毛の脂分に影響しない専用のものを使うこと。乾燥は平干し。吊るさないこと。ハンガーに吊...

記事を読む

ダウンウェアのケア方法 保管

ダウンウェアは基本的に行動中に着ないので汚れたり傷ついたりしにくい。だから保管方法が重要になる。(手順)1.ハンガーにかけて保管すること。2...

記事を読む

アウターシェルのケア方法 穴が開いた場合

ブッシュをかき分けたり岩場を通過したりするとアウターシェルを引っ掛けて傷を作ってしまうこともある。とりあえずは応急処置をして帰宅後専門のカス...

記事を読む

アウターシェルのケア方法 撥水性が落ちてきた時

洗濯をセずに撥水スプレーだけで撥水性を回復させようとするのは間違い。殆どの場合選択後に熱処理をすれば元に戻る。それでも撥水性が戻らない場合は...

記事を読む

アウターシェルのケア方法 脱水と乾燥

もともと水を通さない素材なので洗濯機で脱水に入る前に一度吊るして可能な限り水分を切ること。ウエア内に水分が入っていると脱水機が正しく回転しな...

記事を読む

アウターシェルのケア方法 手洗い

洗濯タグの情報より洗濯機が使えない場合や部分的に汚れがひどい場合は手洗い。汚れがひどい場合はつけ置き洗いをする。(手順)1.大きめのたらいに...

記事を読む

アウターシェルのケア方法 洗濯機を使用して洗う

手軽なのは洗濯機。専用の液体洗剤が安心だが市販の洗剤でもOK。粉末洗剤は溶けきれずにウェアに残留する場合があるので液体洗剤の方がベター。水温...

記事を読む

アウターシェルのケア方法 洗濯前の準備

アウターシェルはゴアテックスファブリクスが使用されていることが多い。ゴアテックスは丈夫な生地だがジッパーやベルクロが洗濯で壊れることがある。...

記事を読む

ブーツの正しい保管方法

汚れを落とし、防水、保革ケアをしっかり行ったとしても、保管方法が悪かったら意味が無い。しっかりとした保管方法も覚えておこう。1.シューレスは...

記事を読む

布革製ブーツのケア方法 使用後のケア(手入れ)

革に栄養、全体に防水スプレー。保管は風通しのよいところで。(手順)1.スウェードがカサカサに乾いていたら保革剤を塗布する。コロニルヌバック+...

記事を読む

布革製ブーツのケア方法 使用後のケア

パーツの素材によって使う道具と掃除方法がちがう。あまり水で濡らさないこと。(手順)1.ソール、ラバー部分の泥汚れをワイヤーブラシで落とす。ワ...

記事を読む

1 2 3 4